2002年2月 奈良・大阪への旅 (2)


←前ページへ

感想

全般的な感想

とにかく3日間であちこち回って見られるだけ見る、と言う感じの非常にあわただしい旅でした。冬季は特にバスの便が少なくなっているところもあり、室生寺など帰りのバスの時刻を気にしながらの参拝になってしまいました。それでも吉野山の上や柳生の里ではそれなりに十分時間を取ってのんびりと歩き回ることが出来ました。

季節柄観光地はどこも人が少なめで静かに風景を楽しむ事が出来ました。柳生では到着後まもなく雪が降り出し、しばらくするとうっすら積もるほどになりました。

室生寺・大野寺

私は奈良には何回も来ていますが、室生寺には今まで行ったこと有りませんでした。この寺の有る場所は奈良市を中心とした観光コースからかなり外れている上、大阪や京都との連絡ルート上にもありませんので、積極的に計画していかないと「ついで」に立ち寄るという機会はあまり無いかと思います。

吉野

吉野も私にとって初めての訪問でした。桜の名所地して有名なほか、京都や奈良の都からほどよく隔絶していて、しかも東西どちらにも抜け道がある、と言う立地から歴史上何度か重要な事件の舞台として登場しています。古代史的にはなんと言っても大海人皇子が壬申の乱に備えて兵を調えた場所として興味があります。今回は下調べが不十分で駅から山上までの歩道の入口が判らずロープウエイを使いましたが、歩いてもさほど苦になる距離ではなさそうです。また山上の路線バスはほとんどが冬季運休で全て歩かねばなりませんでした。

交通・宿泊

宿泊

奈良での宿は新大宮駅前「スーパーホテル奈良」を利用しました。新築で非常に清潔で交通の便が良く料金も手頃(シングル4800円・税別)です。サービス内容は部屋に冷蔵庫と電話がないことを除けば平均的なビジネスホテル並みで、必要にして十分という感じです。パンとコーヒーだけですが朝食が無料です。客室にはインターネット回線は来ていませんがフロントロビーに自由に使えるパソコンがあるほか、公衆電話コーナーに無料で自分のパソコンを接続できるブースがあります。

大阪ではオープンしたての「東横イン大阪船場」をネットで予約して利用しました。開店記念特別価格で宿泊出来ました。東横インはビジネスホテル業界の中ではIT導入に積極的で、全館オンライン予約が出来る上、ほとんどのホテルで全客室にLANが配線されておりパソコンを持ち込めば自由にネット接続出来ます。

交通関係

東京〜名古屋・関西の往復

東京駅からの交通手段は往復とも高速バスを利用しました。往路は最近登場した格安高速バス「青春ドリーム名古屋号」を利用しました。このバスは片側2人がけ4列座席の昼行便に使われる車両に近い仕様の車両を使用した格安便で名古屋まで5000円です。(通常便は6240円) 通常便は静岡で運転士が交代するのですが、この便は1人で名古屋まで通して運転します。ただし過労運転にならない様に途中の浜名湖付近で約2時間の休憩をとります。その分通常便より時間がかかりますが、乗客にとっても十分睡眠時間が確保できるというメリットもあります。

帰りのバスは「東海道昼特急」といってこれも最近登場した便で、夜行ドリーム号用の2階建てバス(2階は3列座席)を使用して、約8時間かけて大阪〜東京間を走ります。途中3回ほどサービスエリアで休憩するほか、ほぼ中間点の静岡県三ヶ日で運転士が交代します。こちらの運賃は片道6000円です。

名古屋〜関西での移動

名古屋〜奈良〜大阪の移動には主として近鉄を利用しました。近鉄は特急を使用せず全区間別料金不要の急行や各駅停車だけで移動しました。名古屋から乗った急行は通勤形の横向き座席4ドア車両でしたが、途中の伊勢中川で10分余り停車時間があって、その時両側のドアが全て開け放しになって大変寒い思いをしました。

室生寺、柳生などへは奈良交通バスを利用しました。3日間「名鉄・近鉄・南海」の3社と系列のバス(奈良交通も含む)に乗り放題で6000円の「3・3・SUNフリーきっぷ(ワイド)」を利用しましたが、名鉄には乗車しませんでした。これだけあちこち駆け回って、東京からの往復の間で使った交通費は高速バス11,000円とこのきっぷの合計17,000円と吉野山ロープウエイ(往復600円)、大阪市営地下鉄・バスの乗車賃だけでした。

名古屋〜関西での移動

名古屋〜奈良〜大阪の移動には主として近鉄を利用しました。近鉄は特急を使用せず全区間別料金不要の急行や各駅停車だけで移動しました。名古屋から乗った急行は通勤形の横向き座席4ドア車両でしたが、途中の伊勢中川で10分余り停車時間があって、その時両側のドアが全て開け放しになって大変寒い思いをしました。

室生寺、柳生などへは奈良交通バスを利用しました。3日間「名鉄・近鉄・南海」の3社と系列のバス(奈良交通も含む)に乗り放題で6000円の「3・3・SUNフリーきっぷ(ワイド)」を利用しましたが、名鉄には乗車しませんでした。これだけあちこち駆け回って、東京からの往復の間で使った交通費は高速バス11,000円とこのきっぷの合計17,000円と吉野山ロープウエイ(往復600円)、大阪市営地下鉄・バスの乗車賃だけでした。

Back to Top NaraNoia


飛鳥資料館 >> あすか会議室 >> ディレクトリーサービス
NaraNoia TOP | Travel TOP

natter@asukanet.gr.jp